メニュー

銀行系マイカーローンという選択肢

車を買う時にローンを組む人と現金で一括購入する人がいますが、ローンを組む人は多いです。マイカーローンをディーラーの勧めるままに加入する人もいますが、実は銀行などで、自分でマイカーローンを組むという選択肢もあります。

 

 

せっかくディーラーが手続きを踏んでくれるのだから、そのまま頼めばいいのにと思うかもしれません。しかし、ディーラーローンは金利が高めに設定されているので、マイカーローンを自分で探すだけで、支払総額を大きく減らせる可能性があります。

 

ただし、自分で探すのが正解とも限らず、両者にはそれぞれ違いがあります。違いは金利だけではないので、総合的にみて、どちらを選ぶかを決めるべきなのです。

 

ローンの金利の違い

金利については、余程変な選び方をしなければ、銀行系のマイカーローンの方が優遇されています。銀行のマイカーローンの金利の相場が2.0%~4.5%なのに対して、ディーラーローンは4.0%~8.0%程度かかるので、意外と差は大きいです。マイカーローンなら借入れが100万円超で、返済期間も長いです。利息差が10万円を超えるケースも当たり前のようにあります。

 

また、ディーラーローンの金利は選ぶ車種などによっても変わってきます。それは別に、車種を選べばわかる事柄なので、それ程問題なわけではありません。ただし、ディーラーローンは車種などによっても条件が変わるので、審査は車種決定後となります。つまり、手続きの段階まで審査に通るかどうかがわかりません。

 

一方銀行のマイカーローンの場合、自動車購入の意思があれば、先に審査を受けられます。

 

加えて、マイカーローンの利息の他に、保証料を取られる場合があるので注意が必要です。銀行系のマイカーローンでは、保証料は基本的に銀行側が負担してくれます。もしくは金利に含まれているので、それ程注意をする必要もありません。

 

しかし、ディーラーローンの場合、保証料も金利に上乗せされる場合があるので、ここもきちんとチェックする必要があります。金利が低いように見えても保証料がかかると結局は負担が大きくなるので、金利だけを見るのは危険です。

 

有名なところだと一部のJAマイカーローンの金利はぱっと見は低いのですが、保証料が別にかかるために負担が大きくなるのです。

 

ローン自体の手続きや審査の違い

ディーラーローンは金利が高い分、審査には通りやすいと言われています。一般的に同じ種類のローンの場合、金利が低い程審査は厳しくなる傾向にあります。だからローンを組む時には、金利が低い所を選べば正解とは限りません。

 

銀行系のマイカーローンは金利が低いですが、審査も厳しいというデメリットもあります。また、審査にかかる時間についても、銀行系のマイカーローンは時間がかかります。一方ディーラーローンには、審査時間が短いというメリットもあります。

 

ディーラーローンはその場でほとんどの手続きをしてくれるので、とにかく手間がかかりません。書類の作成もほとんどしてくれるというのも大きなメリットです。銀行系のマイカーローンを組む場合、契約先を探したり、申込み手続きをしたり、全ての手続きを自分で行わなければなりません。当然販売店ではなく銀行での手続きとなるので、別々に申込みをしなければなりません。

 

ローンで購入後の車の所有権

ディーラーローンで購入したマイカーの所有権は自分にはありません。所有権は自分でもディーラーでもなく、ローン会社にあります。所有権が自分にないので、もしも売却したいという時にも、自分で売却ができません。例えば返済が辛くてマイカーを売却したいといった時にも、手続きは面倒になります。

 

銀行系のマイカーローンで購入した車の所有権は、自分の名義となります。もちろん売却も自分名義なので、自由に行えます。

 

ディーラーローンで購入した車の所有権は、ローンを完済して初めて自分の名義になります。そのため、ローン完済後であれば、手続き上特に不便になるわけではありません。

 

ただしディーラーローンは車の購入にしか使えない場合がほとんどのため、その他の費用として借りたいときには利用ができません。幅広い用途で借りるなら免許取得のマイカーローンとして借りられる金融機関のローン商品の方が優れています。