メニュー

ディーラーローンの所有権と審査

ディーラーローンと銀行系マイカーローンの違いの1つに、車の所有権があります。ディーラーローンで購入した場合、ローン完済まで所有権は自分にありません。そのため、譲渡や売却が自由にできないというデメリットがあります。

 

銀行系のマイカーローンで購入した場合には、所有権は自分にあるので、譲渡や売却は自由に行えます。ディーラーローンで購入した場合、この違いには注意が必要です。

 

ディーラーローンで購入した時に、何故所有権が自分にないのかについてですが、購入した車は担保になっているのがその理由です。ディーラーローンは審査が通りやすいと言われていますが、実はディーラーが直接貸付けを行っているわけではありません。

 

ディーラーローンの貸付け元は、信販系の会社です。ディーラーは信販系のマイカーローンを紹介して、マージンを受取って収益の一部としています。ディーラーローンは審査が早く、しかも通りやすいというメリットがありますが、その理由の1つが担保です。

 

これから購入する車を担保として貸付けを行う分、審査に有利になります。銀行系のマイカーローンの場合、車を担保としないので、それだけ審査も厳しくなります。
審査の通りやすさを取るか、所有権や金利を取るか、これについては人それぞれです。

 

所有権の関係でディーラーローンは中古車では利用ができない場合があり、中古車をローンで買うとなると信販会社のローンを組む場合が多いです。信販会社のローンは金利が高くなるので、新車ではなく中古車をローンで買うなら中古車で使えるマイカーローンを選んでください。